忍者ブログ

月の裏側を散歩しよっか…

赤西仁くんに溺れています 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



儚い。
人の命は儚い。
そして、悪意に満ちた言葉は、
刃物のように鋭く、心に突き刺さる。
何気ない一言でさえも、
人を傷つけてしまうことがある。
人を幸せにするのも人。
人を苦しめるのも人。

向こうでの幸せをただ祈るばかり。


昨日、Mr.childrenのライブに行ってきた。
初めて、自分の地元での開催。
こんな日が来るとは思いもよらず、嬉しさのあまり泣きそうになった。
座席も結構近く、肉眼で表情がわかるほどだった。
16時頃まで、日差しが強く、晴れ渡っていたのに、
17時の開演間際になると、空模様があやしくなってきた。
ぽつり、ぽつりと雨粒が落ちる。
それでもライブは開演し、大絶叫の中、4人とサポートメンバーが登場。
最初から、会場のボルテージは全開に。
「星になれたら」のときに、偶然にも空に虹がかかる。
そして、虹を指差しながら♪虹になれたらいいな~♪とみんなで歌う。
あー、このまま雨が降らないでいて欲しい…そう願っていたのに、すぐに大雨。
カッパの意味もあまりないほどの激しい雨だった。
でも、ライブは止まることなく、演奏され続ける。
私もテンションを下げることなく、上げ続ける。
「Tomorrow never knows」、「Imagine」など、私の好きな曲がいっぱいで、
とにかく、時間が経つのが早すぎるように感じた。
なかでも、「しるし」の時に、胸がいっぱいになった。
去年の苦しいときに、私がよく聴いていた、この曲。
その頃のことが思い出されて、涙ぐんでしまった。
曲が、その当時のことを思い出させる。
嬉しいことも、哀しいことも、楽しいことも。

私、本当にMr.childrenが好きなんだ、
好きなんだ!!と感じた1日だった。
また、来て欲しい。


新曲「旅立ちの唄」10月31日発売
DVD「Mr.children "HOME" TOUR 2007」11月14日発売


1992年5月10日、Mr.Childrenデビュー。

デビュー15周年おめでとうございます。
アルバム「B-SIDE」買いました。
「Love is Blindness」や「ほころび」が好きです。

お怪我はどうですか?
最初話を聞いたときは、「はぁ!?」と思いました。
だって、食事の席で、店内に設置されている換気扇に手を接触させることなんて
そうそうないことだから。
ほろ酔い気分だったのでしょうか?
そのせいで4針も縫うケガを負ってしまった。
きっと、メンバーやスタッフさんにこっぴどくやられたと思うので、
私のほうからぐだぐだ言うことはしませんが、
大事な商売道具をもっと大切にしてください。
あなたがいないMr.Childrenは考えられないですから。

早くケガを治して、元気な姿を見せてください。
待っています。


電車内から。
新潟は雪がいっぱい。




カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール

HN:
かな
性別:
女性

最新記事

最新CM

[12/01 BlogPetの陽]
[11/16 BlogPetの陽]
[11/08 BlogPetの陽]
[11/01 BlogPetの陽]
[10/25 BlogPetの陽]

メール

お天気情報

ブログ内検索

バーコード

カウンター

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) かな. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim
PR